top of page
  • domcon2

リーダーシップコントロール

左の肩には男の神様が、右の肩には女の神様がいるといいます。

男の神様は善い行いを記し、女の神様は悪い行いを記します。

そして臨終のときに閻魔王に報告されるそうです。

人は善いことも、悪いこともやってしまうんですよね。

因果応報ということは、善い行いをすれば善い結果を得られるし、悪い行いをすれば悪い結果が出てしまうということです。


リーダーは少なからず、人から慕われる存在でなければならないと思うのです。

そして出来るだけよい結果を出さなければならない。

大変難しい役割だと思います。


いろいろ経験する中で得られることもたくさんありますが、慕われる、愛される、かわいがられる、など、人からこのように思われることは大変尊いことです。

でもそれには、自分がどうあらねばならないかということが重要になってきます。

自分が思われる以上に相手を思うということ。(自分に言っています!笑)

情熱をもってこの思いを持ち続けることが必要なのです。(自分に言っています!笑)

そして、この思いを持ち続けながら仕事に向き合い、人と接する!(難しさの極み!)

なかなか意識してはできないですね。


人は十人十色といいます。いろんなひとがいて、人それぞれ感じ方も考え方も違います。

そんなことまで考えていたら、頭が爆発しそうになりますね。


2:6:2の法則というものがあります。(10人いると考えます)

これは、いろいろな人がいる中で、2は比較的自分よりの人、6はどちらでもという人、あとの2は反対勢力。

比較的自分よりの人を引っ張っていくことで、6が付いてきてくれて、反対勢力の2も仕方なしについてきてくれます。

このようにしてみんなを導く方法です。リーダーとしてこれを知っているだけでちょっと違うと思います。


このように出来てきたか、出来ているかはわかりませんが、出来るだけそうありたい。

そう思って行きたいと思います。

#仕事の流儀 #仕事の作法 #仕事とは #琵琶湖清掃活動 #エコフォスタ #企業説明会 #三東工業社








Comentarios


bottom of page